少しでも高くワンルームマンション売却をする|不動産情報特集

室内
  1. ホーム
  2. 購入で支払う費用

購入で支払う費用

室内

住宅購入資金を立てよう

不動産購入は大きな取り引きなので、最初に購入資金計画を立てておくことが大切です。寝屋川で住宅を購入するときには、住宅の費用と諸経費が必要です。寝屋川の新築一戸建てなどになると、諸経費だけでもかなりの額になります。自己資金だけで支払ったほうが良いのが頭金です。頭金の目安は、購入資金全体の20%前後です。1番最初に支払う頭金が、購入申込金です。購入申込金は購入したいという意思を不動産会社に示すために支払います。目安としては10万円位です。売買契約を結ぶときには手付金が必要です。手付金は、売買契約書に記載されている売買代金の10%程度と理解しておくといいです。寝屋川の2000万円の住宅を購入する場合は、手付金が200万円必要になる計算になります。なお、購入申込金10万円は、手付金に回すことができます。売買契約書を作成するときには、印紙税が課税されます。印紙税は売買契約書に記載されている売買代金で多少上下しますが、大体1万円から2万円と覚えておくと良いです。不動産仲介業者を介して寝屋川の住宅を購入したときには、仲介手数料が必要になります。仲介手数料は、不動産仲介業者に2回に分けて支払います。一回目は売買契約をする時で、二回目は住宅の引き渡しを受ける時です。仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限決められています。だいたい物件価格の3%+6円程度です。これを二回に分けて支払うのが一般的です。